2014年10月19日

一橋

F4CDF60F-4A8E-40E1-BD32-4049B5F28AA8.jpg


お休みを頂き、国立は一橋大学に、試験を受けに行ってきました。

建築というお仕事は、本当に裾野が広く、勉強しても勉強しても全てを網羅した知識を得るのは難しいのですが、取りあえずできるところまではやってみよう、と、イロイロ幅を持たせて行きます。
試験の出来はともかくとして、取りあえず解答欄を全て埋め、あとは来年2月の合格発表までは放っておくしかありません。明日からまた、仕事に没頭できます・・・。

ということで、本日の写真は受験会場である一橋大学。
(と、帰りがけのトイレでバッタリ(?)合流した、同僚のI氏。)

伝統のある大学って、どこもそこそこ見栄えのする建物が並んでいると感じます。
さすがに、雑居ビルのような見た目の建物では、勉強にも身が入らない、ということなんでしょうか。

一方で、新しくできる大学や古い大学の改修工事では、当然と言えば当然ですが、非常に近代的な建物が出来上がります。
これはこれで興味をそそるのですが、例えばイタリアとかのヨーロッパ圏は、古い建物のコンバージョンとかリノベーションとかで非常に先進的だと感じます。

逆に言うと、日本はその辺後進国。
これは公共的な建物においてだけでなく、残念ながら住宅においても当てはまってしまいます。
なので、今私たちが取り組んでいる「長持ちする家」という発想は、単にユーザーライクな聞こえの良いフレーズ、というだけではなく、文化的な貢献度も高いはずだと、こう思うのです。

目下私のライフワークというか、理想のお仕事は住宅設計ですが、この半分くらいがリノベーションであったとしたら、その方が社会的には理想のコンディションなんじゃないか、と考えています。
どう考えても、最近流行りの「何百年住宅」というハウスメーカー(+国)のフレーズが、ヨーロッパ並みのコンバージョン・リノベーション文化に繋がって行くとは思えず。

できれば、こんな部分でも大風呂敷を広げられるよう、今後ともあれこれと勉強して行こうと思います。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:59| Comment(0) | 営業マンのヒヨコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

パスタランチ

F2D7F77B-CC8A-445D-8DD3-BA352305555C.jpg


少し前に健康診断がありまして、数年来の連続A判定が途絶えてしまったことにショックを受けました。

B判定にランク落ちした原因は「中性脂肪」。
恐らくは、間食や、不規則な食事がきっかけかと。
ご飯はちゃんと作ってもらっているのですが、仕事やら、勉強やらのせいで、ちょいちょいつまみ食いをする機会が増えていたような気もします。

で、食生活の見直しを行なうにあたり、昼食においても野菜類の割合を増やす方向で調整しております。

・・・と、長い前置きからの、本日の写真は、私のランチです。
カルボナーラと、コールスロー(ゴマドレッシングとともに)、ドリンク(野菜生活)という、パスタランチにしてみました。
お値段、〆て445円なり。

実はこれ、全てセブンイレブンで購入してます。
つまり、いわゆる「コンビニ飯」です。

が、たかがコンビニ飯とは侮れません。
ちょっと前からの、お菓子のオリジナル商品や挽きたてコーヒーの販売に始まり、最近のセブンイレブンの食に関する商品開発は、素晴らしい!
オーガニックとか、トレーサビリティ的な部分までは調べていませんが、質、量、価格という基本的な部分は、かなり私のツボを突いてきてます。

ここのところ、弊社でも自分達の造る家が、どれだけの魅力を持っているか、という分析を営業、設計、施工
を交えて行なっています。

家自体の実力は疑いの無いところですが、コンビニのご飯と違って、試しに手に取ってみる、買ってみる、という訳には行かないので、これをどれだけちゃんと伝えるか、確実に形にするか、というところの見直しを行なっている訳です。
これも、一種の商品開発、と捉えています。

畑は違えど、コンビニは商品開発の大先輩。
消費者、ユーザー、カスタマー、クライアント・・・と呼び方は様々ですが、営業マンとしては、まずはお客様に訴求できるだけのプレゼン力を身に付けねば、と感じております。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 13:53| Comment(0) | 営業マンのヒヨコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

新建材

93AEEA13-F705-44EF-BE7F-1195E233E365.jpg


少々大規模に、家に手を入れることになりまして、少しの間仮住まいすることになりました。

今日、明日の連休を利用して、小規模ながら引越しを行ないます。
写真は、その仮住まい先のお部屋。
ご覧の通り、午前中はさんさんと日が降り注ぎます。

環境的には静かですし、風もまあまあ通るのですが、やはりちょっと気に掛かってしまうのは、貼り替えたクロスなのか、それともハウスクリーニング時の洗剤なのか、化学物質臭(VOC臭?)です。
部屋に入って1時間も経てば慣れてしまうのですが、外から入ってきた時など、非常に強く感じます。

日ごろは数年前に漆喰と無垢材メインでリフォームした部屋で暮らしており、仕事で普段訪れるお客様の家は大体何十年か経ってVOCも揮発しきっている状態。さらに、お客様にお渡しする弊社の建物は、刺激臭がほぼ皆無。
以前は仕事でタップリと嗅いでいた刺激臭も、しばらく離れるとそこそこ気になってしまうものです。

で、一番の心配は、子供の心身。
喘息持っている上に、乾燥肌。+アトピー持ち。疲れると気分的にイライラして、かんしゃく起こしたりもしょっちゅうなもので。
数ヵ月後には空気の綺麗な家に復帰できるはずですが、その前にこの冬、無事にこの環境の変化を乗り切ってくれることを祈っております。

「仕事柄知りすぎてしまった」、という感はありますが、数ヶ月間の心配の後には、とても気持ちの良い家に住めるものと、数ヵ月後への期待も大きいところです。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:18| Comment(0) | 営業マンのヒヨコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする