2013年12月05日

トロン

image-20131206235000.png

1階事務所のOAフロアを施工しています。

OAフロアとは?
要するに電気やLANなどの配線を自由にできるように、各種ケーブルのための道を縦横無尽に走らせた、システムフロアのことです。

写真のようなブロック上のものを床一面に敷き詰め、溝の部分に各種配線を巡らせます。
因みにこのブロック自体は、不陸調整の機能が備わっていないため、下地の床はビシッとレベルを取っておく必要があります。
現場では前もって、左官屋さんにレベラーモルタルを流してもらいました。

で、一通り配線が終わったら、溝の部分に鉄板の蓋を被せて、さらに置き敷きの床タイルを接着すると。
接着・・・お気付きのとおり、あんまり自由度が高いとは言い難い気もします。
接着と言っても、剥がして貼り直せるような接着剤ですから、まあ、お引渡し後も業者を呼ばずに配線を直すことは可能です。
この配線が煩雑にならず、全て床の中に納まるのですから、部屋の状況としては確かにスッキリします。

とても一般の住宅やマンションで登場するような代物ではありませんが、事務所などを考える方には割と一般的なシステムと言えるでしょう。
なお、仕上げについては、特に特筆すべきことも無く、普通の事務室となりますので、むしろ、写真の状態の方がメカっぽくて心躍ります。

今を遡ること26年前、世界初のCGを使った映画「トロン」を観て、なんかカッケぇ!と、子供ながらにときめいたのを思い出しました。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:50| Comment(0) | 学校給食センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

整列!

image-20131204100702.png

月曜日にご紹介した植栽ですが、本日より植える工事が始まりました。

高さも枝振りもおんなじような木々を、おんなじ支えで、おんなじピッチで植えていきます。
写真からもお分かり頂けますように、ガーデニングとか、庭っぽくはありませんが、コレはコレでスッキリしていてなかなか小気味良いものです。

同じ大きさのものが同じピッチで並びますと、何と言いましょうか、リズム感が生まれるんですね。
ポン、ポン、ポン・・・と。
で、見ていて面白かったのは、コレを植える職人さんが、やっぱりおんなじピッチで、おんなじ姿勢で、おんなじ穴掘り作業をしていたことです。

「ミズヒロ」というアニメーターさんをご存知な方がいらっしゃいますでしょうか?
(興味のある方は、ネットで検索してみるとすぐに見つかります。)
この人のアニメーション作品が、本日の植木屋さんとおんなじフンイキの面白さを醸しています。

良かったら、見てみて下さい。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:07| Comment(0) | 学校給食センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

電気が来た!

image-20131204100427.png

現場に電気が来ました。
いわゆる本設の、です。

当然工事現場では作業の際に電気を用いるのですが、こちらは「本設」に対して「仮設」と言います。
引き込みの電柱も仮設なら、引き込みの電線も仮設。
因みにこの現場では、本設と仮設で、電気屋さんも別々です。

本設が引き込まれてもっとも嬉しいのは、建物内の照明が使えるようになることでしょうか。
仮設照明はどうしても照度不足になりがちなため、こうして電気が引き込まれると、現場は一気に明るくなります。

写真は調理室の吹抜けに設けられた照明。
左下にちょこっと見えてますが、仮設照明の雪洞はもう必要ありません。
大きな現場であればあるほど、「オラが村に電気が来た!」という感動も大きいものです。
同時にこれまで薄暗くて見えなかった仕上げ上の問題点も見えてくるため、それはそれで緊張感もありますが。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:05| Comment(0) | 学校給食センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする