2013年11月29日

建具屋さん

image-20131130174530.png

昨日に続き、バレエスタジオの修繕工事です。

本日は朝から、建具の調整に行ってまいりました。
直したのは、写真真ん中の2枚建ての引き戸(吊り戸)です。

一つ非常に面倒なのが、この建具、2枚が連動して開くため、普通の引き戸では付かない金物が付いていたりします。
さらに言うと輸入モノであるため、イロイロと手を加えてあげないと、建具屋さんの納得(安心)できるクオリティまで持っていけないらしいです。

が、今回は、調整が必要になった原因は床にありました。
こちらの床は無垢のフローリングを用いているため、湿気やその他の要因により、部分的に若干むくんだようで、それが引き戸を連動させるための金物と干渉しているのでした。

さて、この問題をどう解消するか。
原則論で言えば原因となった床の方を何とかしたいところですが、こちらは言わば自然現象を相手にするようなもので、ちょっと分が悪いです。

そこで、建具屋さんの出番となります。
床に擦れるなら、下をちょっと削れば良いかというとそういう訳でもなく、建具を外して頭側の寸法を詰めてもらい、吊り金具を取り付け直してもらうことにしました。

取り出したりますは、平ノミ、丸ノミ、カンナにゲンノウ、さらにはインパクトドライバーに手回しのプラス・マイナスドライバー。
新旧織り交ぜて道具を使いこなすウデは、昨今稀少になりつつあります。
(ノミとカンナを使わずに、家を建てる大工さんは普通にいます。)

残念ながら、監督業に加えて少々のお手伝いをさせて頂いておりましたため、作業風景は撮影できませんでしたが、無事、元通りスムーズに動く引き戸となりました。
建具屋さんの仕事、そもそも建具を製作するところからですが、非常に専門性の高い領域です。
いつか、自分で画を書いた建具を造ってみてもらいたい、と野望を持っています。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:45| Comment(0) | バレエスタジオ+共同住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

路地

image-20131129082957.png

本日は、今年の3月にお引渡しした、バレエスタジオ兼ワンルームマンションの修繕工事にお邪魔しました。

少々前のお話になりますが、8月中旬の台風の際に、想定外の部分から雨水が共用廊下にに浸入するケースが発生しまして、いろいろと対策を検討した結果、今回その修繕工事に至ったのでした。

皆さんのご記憶にも新しいかと思いますが、今年はチョコチョコと台風がやってきました。
が、上記のようなケースが発生したのは、結局最初の1回のみ。
雨量とか、風向きとか、幾つかの要素が複合的に同時発生して始めて起こるケースであったようですが、建物としても考えられるベストな状態まで持って行こうと、今回着工した次第です。

写真は、共用部分玄関前の床を補修し、その養生を行っているところです。
撮影直前までは、真ん中の土間部分に桟橋を拵えて、ドアの向こうまで通路を確保していたのですが、オートロックのエントランスであるため、一晩中開けっ放しにしておく訳にも行かず、歩行可能となった頃合を見計らって、夜な夜な施錠に赴きました。

で、恥ずかしながら私、養生用のカラーコーンなど持参するのを忘れてしまい、お施主様のワイヤープランツの鉢(写真右下)を拝借して、バリケードとしています。
が、ちょっと置いてみると、このプランターボックスがエントランスになかなかフィットするのです。

確実に邪魔くさくて歩きづらいのですが、そこがかえって路地っぽく、いとをかし、です。
一説によると、路地脇の枝振りというのは、袖に掠るくらいが丁度良いのだとか。
何となく、それを体験できた気がします。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:30| Comment(0) | バレエスタジオ+共同住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

遅まきながら

image-20130412192524.png

先日竣工しましたバレエスタジオ+共同住宅には、その後も少々工事を残してまして、何度か足を運んでいます。

本日は、駐車場の整備にやってきました。
それから、バルコニーのパーテーションの補強。
さらに、雨仕舞で少々気にかかっているところがありまして、そのシールの補強。
といった具合で、ちょこちょこと作業をさせてもらってます。

駐車場の工事は、最終的にはもう少し時間がかかるのですが、その他の工事、建築工事については、本日と明日の午前で完了します。

建築工事の完了、ということで、ふと気づいたのですが、この建物、まだ竣工写真をアップしておりませんでした。
以前のブログでご紹介したとおり、プロのカメラマンに撮ってもらったときは雨模様だったもので、その後天気の良いときに何枚か個人的に写真を撮らせて頂いたのですが、幸い本日も晴天。

それでは改めて、と思いまして、夕方のちょっと日が傾いたタイミングで写真を撮ってみました。
こうして見てみると、建物のイメージはやっぱりラテン系(伊仏西葡の方面です)の気がしまして、この建物に限っては、午前中の爽やかな光より、むしろ少々オレンジ掛かった夏の夕日の方が似合う気がします。

因に、まだ空き室が何部屋か残っているとのこと。
すでに新生活を送っているけれどまだ新居を借りようか迷っている、という皆さん、一度部屋の中も覗いてみてください。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:25| Comment(0) | バレエスタジオ+共同住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。