2012年10月20日

ショック!

image-20121211170837.png

今回のリフォームでは、在来のお風呂を解体して、ユニットバスを導入します。
しかも、少し大きめのユニットを入れるため、既存の壁を移動する必要があるのです。

当然移動する壁の中に柱などあってはならないのですが、ん?ちょっとおかしいぞ。壁を叩いてみると、どうも太い下地がありそうな予感が。
で、まさかとは思うけど一応確認してみようか、と大工さんに開口してみてもらったところ、写真の状況。

営業さんの現地調査はどうなってんだ?と、疑ったのも束の間、穴から覗き込んで見るとこの角材、梁まで届いてません。
要するに、既存のお風呂の入り口開口部を補強するための材なのでした。
ただの補強に4寸角の材を使うとは、何と太っ腹なことか。そして紛らわしいことか。

いずれにせよ、構造的な致命傷とはならず、一安心。
これで、1.25坪の広々お風呂が実現します。
…いやいやいや、見た瞬間は本当にびっくりでした。

監督H



posted by Soko Soyo at 21:09| Comment(0) | 相模原市LDKリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

パターン確認

image-20121210001429.png

本日左官仕上げ工事につき、お施主様の奥様に立ち会って頂き、パターンの確認を行いました。
クロスと違って左官仕上げとなる場合、一応お施主様には当日または前日くらいのタイミングで、現場打合せをお願いしています。

営業・設計陣では、色と大体の塗り方については打合せを行っているのですが、実際に鏝を握る職人さんによって、その仕上がりは結構異なるものです。
腕の善し悪しではなく、職人のやろうとしている仕上げが、お施主様のイメージと合っているかどうか、その擦り合わせの機会が、やはり欲しいと思っています。

今回は、左官屋さんの番頭さんとお施主様に直接お話をして頂き、また、職人さんにはパターンを実際に造ってもらって、お施主様のOKを頂けました。

パターンの方針が決まれば、後は職人さんに頑張ってもらうのみ。
予定通り、本日中にビシッと納めてくれることを祈ります。
但し、丁寧・奇麗にお願いします。

監督H

posted by Soko Soyo at 10:15| Comment(0) | 相模原市LDKリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

いつものとおり、丁寧に

image-20121210000401.png

大工工事が終了し、今日から左官屋さんにバトンタッチです。

とは言え、すぐには仕上げに入りません。
いつもの下地調整が入念に行われています。

天井の下地処理もご覧の通り。
石膏ボードの継ぎ目や、ビスの頭部分など、一カ所一カ所きちんと均して行きます。

このように奇麗なシマシマ模様が出るという事は、大工さんの施工もきっちりできている証拠。
決まった位置に、決まった通りのピッチでビスを打っている証拠です。

明日はいよいよ内部仕上げ本番。
完成が楽しみになってきます。

監督H


posted by Soko Soyo at 23:04| Comment(0) | 相模原市LDKリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする