2012年08月13日

残暑お見舞い申し上げます

image-20120819124351.png

夏季休暇に突入しております。

この休みも、相当時間数を勉強に費やす事になりそうですが、休み明けの仕事再開に向けて、少しでも鋭気を養うべく頑張ります。

若干の追加工事を残しつつも、開業日を待つ建物です。
うだるような暑さを思わせる夏空ですが、中は快適です。

皆様も、取れる方は、良い夏休みを。

監督H

posted by Soko Soyo at 12:44| Comment(0) | M亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

ひっそりと

image-20120819125835.png

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は法要室の写真など。
いわゆる、お坊さんがお経をあげる部屋です。

ロールスクリーンを下ろしているせいもありますが、こちらの部屋は少々照度を抑え目の設計です。

正面のニッチに祭壇が置かれ、その手前にお坊さんが座ります。
外の暑さをしばし忘れる、なかなかに落ち着いた雰囲気の空間で、故人を偲ぶには適しているのではないかと思ってます。

お施主さんも、家具もシックなものを選んでおり、全体の雰囲気が上手くまとまっているように感じられます。
この辺は現場監督の腕はあまり影響しませんで、ということはこの写真は、只の紹介記事ってことになります。

…それも良しとしましょう。

監督H

posted by Soko Soyo at 00:00| Comment(0) | M亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

高級品

image-20120828132819.png

トイレのブースについている、ハットフックという金物です。
真鍮製です。

お施主様から、更衣室始め何カ所かに追加して欲しい、とのご要望を頂き、カウントしたところ、その数実に20個近く。
意外に多いな、などと思いつつ、トイレブース屋さんにメーカーと型番を確認し、それを金物屋さんに発注したのでした。

納期を確認しようと連絡した際に、多少余分に頼んでおこうかと思い立ち、念のため値段を聞いてみると、「実はビックリするほど高いんです」とのこと。
せいぜい1,000円から1,500円だろうと踏んでいたが、万一2,000円を超えると全部で40,000円以上か、などと心の中で計算していたところ、実際のお値段は8,000円とか!もちろん、1個で。
それはびっくりしますね。金物屋さんの言う通り。

8,000円と言えば、イタリア料理のそこそこのディナー、または相当なランチのコースが頂けるお値段ですよね?それがフック1個に化けるのですから驚きです。
トイレブース屋さんも、よくこんなに高級な仕様のものを取付けたものです。

ということで、代替品の捜索に入ります。
全部で16万円ともなれば、単発の工事金額としてはそれなりの金額ですし、もちろん無償提供できる額でもありません。
さっそく金物屋さんに行って、カタログを漁ろうと思います。どうか、近いモノが見つかりますように。

監督H

posted by Soko Soyo at 21:28| Comment(0) | M亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする