2014年05月22日

里親2

27676D7D-1822-462A-BC7E-F206945C1E64.jpg


また、やって来ました。月に一度の里親面談です。

本日のお店は、先月に続きイタリアンのような、少々オリエンタルのような、洋の東西がミックスされたようなお店でした。
最近、めっきり食べ物の内容が多くなりましたが、そこはあまりお気になさらぬよう。

という訳で、写真のランブルスコのロッソと、クエのカルパッチョからスタートです。
当然、アンティパストから、パスタ、メインの肉料理と進むのですが、ここからさらに加速。
ピアッツァクアトロと、おまけになぜかガッパオまで平らげました。
新人のZakiyamaくん、線が細い割に、結構食べます。

さて、真面目な話。
今年の新人連中は、どうやら同期会なるものを催さないようです。
入社して2ヶ月近くが経過している訳ですので、部署は違いながらも、自分の境遇や同僚、上司について、不平不満それに自慢等々、いろいろ思うところもあるんじゃないかと思うのですが・・・。

ま、同期会云々については、はっきり言ってお節介だとは思うのですが、こんな小さな会社でくらい、なるべく社員全員と関わって、見識を少しでも広げて欲しいものです。

何しろ右も左も分からず、実践の現場に放り込まれたばかりの若人ですから、ともすると、今現在の自分の置かれている状況、そして限られた相手のみから伝わってくる偏った考え方が、「仕事の全て」のように感じられてしまうこともあるんじゃないかと思います。

そういった閉鎖的、後ろ向き、諦めムードをかき回してやるのも、里親とか中堅と呼ばれる我々の大事なお努めと思っとります。
本質的な部分ってのは、実は意外に多様ですよ、と。
弊社の企業理念にも書いてある通り、「物事全てに多様性がある」のです。

それを理解するのに必要な力は、恐らくは能力ではなく、経験です。
自分の能力不足を憂う新人の皆さんは、まず、それが能力不足なのか、経験不足なのか、というところを考えてみて欲しいです。

で、経験不足が自覚できたら、そこからは訓練を積むのみでしょう。
経験することの一つ一つを、ちゃんと積み上げるという訓練を、です。

里親として、また新卒採用担当として、先輩社員がその訓練を邪魔することだけはしないよう、切にお願いしたいところです。

ちなみに「2名」で予約を取った今回のお店、席には「お二人の素敵な記念になりますように」的な、気の利いたメッセージカードが用意されておりました。
ウェイトレスのお姉さんにも、多様性を学んで欲しいモノです・・・

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

グリンピースキライ!

92ACDC5D-D2A9-49F1-8DD7-F1A36669EBA0.jpg


子どもの幼稚園で、園長先生が畑をやっております。
そこで採れる野菜は、もちろんオーガニック。そしてトレーサビリティ100%。
さらに、味もエラく濃いです。

本日の夕食は、そんな園長先生謹製のグリンピースを使っての、マメご飯+鮭の塩焼き。
昨日の『早野会』なるイベントから一転、粗食(?)のススメです。
(こちらの様子は同僚諸氏がアップしておりますので、ご参照ください。)

因みに、サヤからマメを取り出すのは、愚息のお仕事。
そして、むさぼるようにマメのみを抽出して先に食べつくしてしまう、ガッツキっ振りでした。

そんな状況を脇目で見ながら、私はと言えば、その強烈な青臭さに、ちょっと抵抗感を覚えました。
ソラマメ並み、と言えばこの強烈さが伝わるでしょうか。

昨日『早野会』に出席していた新人Iが、「キューリとグリンピースが嫌い。」と言っていたのが、少しだけ分かるような気がしました。

ま、しかし、食べ慣れるときっとこの香りがたまらなくなるんじゃないかとも思えます。
そういう野菜を小さな頃からちゃんと味わえることが、実は結構貴重な経験なんだろうと、「初夏の味わい」を楽しんだのでした。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

もさもさ

30156278-A836-4360-9DC9-2D2719D0DDE4.jpg


以前より公言しておりますが、「万緑」という言葉が大好きです。
なんと言うか、この季節は全体的に、やる気が出ます。

我が家の庭でも、やる気のあるヤツがいます。
写真がソレ。

小松菜です。
プランターに種をパラパラと撒いたんですが、発芽率100%を思わせるもさもさ感です。
当然間引かなくては、我々の見知った小松菜には育たないと思われますが、どうやらその間引いた芽も、ちゃんと食べられるようです。

後は、その間引くタイミングですが、流石にまだちょっと早いのか、はたまた早めに間引かないと大きな株が育たないのか・・・
最近お付き合いのあるお客さんで、かなり本格的に畑仕事をしていらっしゃる方がいるのですが、こうして徒然と鉢など見て廻っておりますと、作物と向き合うということの楽しみが、少しだけ理解できるような気がします。

本格的にやっている方から見れば、片腹痛いお話かも知れませんが、皆さんもダメでもともと、ちょっと試してみると、案外リフレッシュできるかも知れません。
ご興味のある方は、お試しあれ。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。