2016年09月12日

ちょっと正道

D3ED9899-31DC-4450-A21C-C61D4CE973EA.jpg

相手の出方が見えていれば、対抗策は打てるもの。
しかも、若干のチャレンジも込めて、攻めに出られます。
コレが当たれば勝ち確定。外れてもアドバンテージは得られる戦略を立てたいものです。

と、いうほど大袈裟な話ではないのですが、昨日に続き今日も八海山。
そこに何を合わせようかというお話です。
相手を知っていれば、準備ができます。

昨日と同じ轍を踏まないためのその一は、まずお酒を冷やすこと。ついでにグラスも冷やすこと。
こちらは準備万端です。

その二は、ツマミを検討すること。

帰りにスーパーで購入した焼鳥缶、かっぱえびせん、塩コンブ、そしてウグイス豆。本当は甘みは甘納豆を探したのですが、何故かスーパーに無く。無念です。

結果はと言えば、一応狙っただけあって、どれもハズレてはいませんでした。但し、敢えてジャンクフード路線で行ったこのチャレンジは、微妙。

塩コンブはやはり小倉屋でないと、とか、ウグイス豆より榮太棲の甘納豆が欲しかったとか、反省材料には事欠きません。
一度頭に上位ランクのイメージを持ってしまうと、廉価版では本当の満足は難しいものです。

そういう訳で、家造りの際も、一度はホンモノの材料でできた家を体感して欲しいと思います。
この空気を味わってしまうと、ベニヤとビニールクロスで密閉される部屋の残念さに、気付いてしまうかも知れませんが。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:25| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。