2015年09月20日

取合せ

9096A012-CB39-4E25-A7E3-CFBA72484CBA.jpg


たまには晩酌でもしてみようかと思い立ち、夜な夜なセッティングをしてみました。

お酒は、先日ローストビーフを焼いた際にソース用に購入してみた、赤ワイン。
何の予備知識もなく、お店でなんとなくピックアップしたハーフボトルでしたが、ソースにしても良し、そのまま飲んでも良し、でした。

一人夜な夜な飲む訳で、そう大層なモノは用意できませんが、よくつまみに出てくる(?)乾きモノをちょいちょいと盛ってみました、というのが、本日の写真です。
皿には、干しぶどう、素焼きのナッツ、そしてチーズ。

個人的にはチーズは大の好物でして、中でも写真のゴーダチーズは、お気に入りの一つです。
マイルドな中にもちょっと苦味のあるチーズが、きっとワインと食べても美味しいに違いない、と期待したのですが、残念ながらこれはハズレ。
塩辛さばかりが強く感じられ、ゴーダ本来の、微妙な香りが損なわれてしまう感があります。

一方、普段は滅多に口にすることのない干しぶどうですが、このワインとは相性抜群。な、気がします。
さらに、日頃は「塩気が足りないなぁ」と物足りなさを覚える素焼きのナッツも、大変合います。
以前お施主様から、「このワインは餡子と良く合うんですよ〜。」と、赤ワインを戴いたことがあり、実際和菓子とピッタリで驚いたことがありますが、今回改めて、ワインとおつまみの相性ってあるんだなぁと、シミジミ思いました。

さて、この極めて具体的でミクロなマッチングを、面倒臭いと感じるか、面白いと感じるか、皆さんはどちらでしょうか?
ワインに限ったお話ではなく、お茶でも、食事でも、服でも、美術でも、音楽でも、何でもいいのですが、一つの具体的なモノに対して、それと合うモノ・合わないモノって、この世界には結構あると思うのです。

完全にイチ住宅営業マンの私見ですが、これを面白いと感じる方は、建売の家には住めないと思います。
反対に、どうでも良いと感じる方は、本当の意味での注文住宅は、その家造りの過程が重荷になってしまう可能性もあるんじゃないかと。
そう考えると、私のような営業マンは、やっぱりイロイロと「知りたがり」の方が良いんだろうと、初秋の夜長に徒然と思うのでした。

営業マンH

posted by Soko Soyo at 23:54| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。