2014年10月13日

PPK

10BC07FD-AA67-42C6-A388-624CB9DB9498.jpg


本日は、家づくりのような、健康づくりのような、ちょっと不思議なセミナーに参加しました。

非常に盛り沢山の内容で、話があちこちに及び、まとめるのも大変なので、まとめるのは止めます。
聞いていた皆さんも、いろいろと注目したポイントはあると思うのですが、私的に一番アタマに残っているフレーズは、これ。

「日本の医学は、予防にお金を使わない」です。

一口に予防と言ってもいろんなレベルの予防がありますが、例えば禁煙対策や高血圧対策。
・禁煙を促進するためには、タバコの自販機を全て撤去すると良い。
・血圧対策で適度な運動をさせるには、公立校の校庭や体育館を開放すると良い。
こういった、予防を0次予防と呼ぶらしいです。

なるほど、言われてみれば、という感じではないですか?
確かにそこまで遡って問題を考えることをしていない、という点で、日本は「予防」という点について手抜きしている、とも思えます。

で、健康維持のための0次予防の一環として、講師の星先生が仰るのが、「良い屋外・屋内環境に住むこと」です。
つまり、良い家に住むことは、それだけで健康に暮らせることに繋がる、と。

温度、湿度、空気質、気流、VOC発生量・・・一口に室内環境と言っても、考えなければならないことはたくさんあるのですが、この環境を整えるために、いろいろな機械をどんどん増やして行くのが、現在の日本の家づくりの主流。

私も含め、もともと日本人はメカ好きな人種である気もしますが、ともすると「家=性能=機械」と変換するロジックに、多くの人がドップリ浸かってしまっている現状を感じます。
写真は、そんな現状にちょっと違和感を感じる皆さんが、セミナーを熱心に聴いて下さっている様子。

恐らく、その違和感は正しい!と思います。
機械を極力使わない私たちの造る家が、単純に気持ちの良い空気に溢れていることを直に体感した方には、深く同意して頂けるかと。

未だ体感したことのない方々には、是非一度体感して頂きたいところですが、今後はちょっと数値的な検証も行なって、それでお客様にプレゼンさせて頂こうかな、と、そんなエンジニア魂を刺激されるセミナーでもありました。

尚、タイトルのPPKはピンピンコロリの略。対をなすNNKはネンネンコロリの略。
ご興味のある方は、本など読んでみて下さい。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:11| Comment(0) | 営業マンのヒヨコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。