2012年08月29日

洋の東西

image-20120828161006.png

海老名の古民家リフォーム、本日から左官の仕上げが始まりました。

古民家ということで、本漆喰を押さえて仕上げるか、と覚悟していましたが、今回のリフォーム部分に関しては、スペイン産の漆喰を用いるとのこと。
取り合い部分や、全体の雰囲気を調整するプレッシャーを感じながらも、少々肩の荷が下りた感があります。

日本古来の本漆喰と、西洋の漆喰、最大の違いは肌理、粒の細かさでしょうか。
日本の漆喰の場合、やり方によってはツヤのある平滑な壁までいきますが、西洋の漆喰は最も平面に近く仕上げる場合でも、ある程度サラサラした、陰影のある表情になります。

これは好みの問題で、いわゆる鏝目のようにパターンを残すような場合、西洋漆喰の方がイメージに近くなると思われます。逆に、お寺や神社のような、ツルツルの漆喰壁を造るには、西洋漆喰はちょっと難しい材料ということになるでしょう。

現場としては、日本の漆喰をツルツルに仕上げるとなると、技術的にも工事期間的にも、グッとハードルが高くなります。さらに、システムキッチンやAVラックを造作しつつ、そこまで壁面の印象を和風にしてしまって良いものかと、一抹の不安も残ります。

ということで、純然たる和風を目指すのでなければ、西洋漆喰を用いる方が何かと良いかと。
そういう意味で、肩の荷が下りた訳です。
後は、あまりに洋風な仕上げにならないよう、左官屋さんに鏝目の出し方を非常〜に控え目にしてもらうのみ。

監督が口で言うのは簡単ですが、左官屋さん、何卒よろしくお願いします。

監督H

posted by Soko Soyo at 16:10| Comment(0) | 海老名古民家リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: