2016年06月12日

緻密に

RIMG0122.JPG

本日は、ご契約。

弊社展示場の思いっきり地元のO様の家を、弊社で施工させて頂くこととなりました。

スペックや、ご家族の強い推薦その他の理由で、弊社の家を中心にご検討頂いていたことは存じ上げていましたが、本日ご契約に際し伺ったところ、なんと1社、プランの提案を受けられたそうで。

結果としては、明らかにクオリティの差があったとのことで、弊社への期待と信頼はむしろ強まったとのことでした。
これを聞いた設計担当Iも、さぞかしホッとしたと思います。

このクオリティの差、これは明らかに設計スタンス(手法)の差だと思います。
敷地に対する緻密な検証はもちろん、その人その人の暮らしに対して、あるいは意匠に対しての緻密な検討は、弊社が最も大切にしている価値観です。

見た目の派手さとかブランドイメージを超えて、単純に「造るモノ自体のクオリティを深いレベルでお施主様にご理解頂けた」ということは、営業マンとしても、設計者としても、とても励みになります。
この期待を裏切らないよう、きっとご満足頂ける家を造りたいと思います。

O様、本日はありがとうございました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 22:18| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。