2016年05月19日

ちがい

IMG_4445.JPG

先日お引き渡しをさせて頂いたS様邸、外構工事も無事に完了しました。
プランを知っているせいもあるかも知れませんが、良い家が完成したと思います。

車で通り掛ったところ、実はご近所にも似た様な色合いの家を何件か発見しました。
デザイン(色あいとか)の方向性も近いものが感じられます。

ですが、見る人が見ると、やっぱり決定的な違いを予感して頂けると思います。
その違いとは3つ。
一つはシンプルであること。余計な飾りが無い。
二つ目は機能的であること。耐久性や快適性が追求されている。
そして三つ目が寛ぎの空間を内包していること。開放性とプライバシーが共存できている。

結局のところ、家のデザインは、こうした機能の表出だと思います。

例え注文住宅でも、お施主様の要望通りに、パズルの様に「部屋」というハコを並べて重ねただけのプランニングをしてしまうと、壁の「塗り分け」とか「貼り分け」というような、「色ぬり」的な要素でしかファサードを考えられなくなります。

皆様の考えているいわゆる外観のデザインは、長持ちしそうでしょうか?
中が暑そうだったり、寒そうだったり、部屋の奥まで光が届かなかったりしそうではないでしょうか?
何より、暮らしやすさが見えますでしょうか?

そんな住宅のデザインについてご興味がある方、ぜひ一度、弊社でのプランニングをご検討下さい。

営業マンH





posted by Soko Soyo at 23:18| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする