2016年05月09日

nike

RIMG0883.jpg

例えすべての人に伝わらなくとも、「普遍的な価値観」はあると考えます。
困難な道のりと分かっていても、迷わず、いや迷いながらでも進むことが大切かと。

我々が提供する「住宅」という「価値」は、単にモノとか商品と呼ぶには、あまりにも沢山の想いが詰め込まれすぎていると思います。

なればこそ、私たちは自分の信じる「家」に対して、決して妥協してはならないのだと思います。

何より、お客様の人生で一番大きな買い物が、「ちゃんと暮らしを支えてくれている」と、いつまでも実感される、そんな家造りを目指します。
街にこうした家が増えること。
これが、家を単にモノとして扱いがちな、現代の日本の発想に対する我々の価値観の「勝利」です。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:10| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする