2016年05月06日

レクチャー

現場見学04.JPG

相模原市で施工中のS様邸にお邪魔しました。

写真は、そんな現場での一幕。
現場監督3年生のZ君が、営業マン2年生のWさんと、ピカピカの1年生Aさんに、実物の家を題材にレクチャーをしています。

テーマは、「取り合い」。
本題の天井懐に加えて、勝ち/負け、チリ、入り巾木など、「納まり」についても勉強しました。

建築は、どこまで行っても唯物論的な世界。
「ウデ」という実現可否の技術論の世界は別にして、つまるところ、具体的にある大きさを持った「材料」というモノの組み合わせとその施工順序で、家のデキは決まります。

ソフト面の設計は設計担当に委ねるとして、お客様に自社の家の良さを伝えたり、値段をお話するためには、材料やモノの理解は不可欠かと。

私自身もまだまだ勉強中。
彼らと共に、前進あるのみです。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:49| Comment(2) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。