2016年05月20日

情熱

019BE6DA-B184-4AA4-9FCC-BC6642FDB5CD.jpg


お仕事の打ち合わせで、地元の設計士さんの事務所に行って参りました。

そんな事務所の片隅で目を引いたのが、写真の模型。
なかなか力の入ったコンセプト模型だなぁ、と直感しました。

建築模型においては、必ずしも実際の建物を正確に、小綺麗に再現するばかりが全てではないと思っています。
ディフォルメした力強さとか、ポイントをフォーカスして勢いを狙った模型は、「表現手法」としても時々見受けられ、しばしば見ている側の気持ちを高揚させてくれます。

そういう意味で設計士さんに、「力入ってますね。」と問いかけたところ、実はこの模型を作ったのはクライアントさんだそうで。
ディフォルメとか、勢いとかを意図的に狙った訳ではなく、単純にこの空間の実現を楽しみに思う気持ちがストレートに現れていた、ということのようです。

この熱、ぜひ見習いたいモノです。
翻って、私たちの提案、説明、プレゼンテーションといった行為が、「是非、弊社で本当に良い家を実現させたい!」というお施主様の情熱に応えられているか、これを省みる良い機会となりました。

週末に予定している「暮らしインタビュー」、この熱を持って突入したいと思います。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:03| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ちがい

IMG_4445.JPG

先日お引き渡しをさせて頂いたS様邸、外構工事も無事に完了しました。
プランを知っているせいもあるかも知れませんが、良い家が完成したと思います。

車で通り掛ったところ、実はご近所にも似た様な色合いの家を何件か発見しました。
デザイン(色あいとか)の方向性も近いものが感じられます。

ですが、見る人が見ると、やっぱり決定的な違いを予感して頂けると思います。
その違いとは3つ。
一つはシンプルであること。余計な飾りが無い。
二つ目は機能的であること。耐久性や快適性が追求されている。
そして三つ目が寛ぎの空間を内包していること。開放性とプライバシーが共存できている。

結局のところ、家のデザインは、こうした機能の表出だと思います。

例え注文住宅でも、お施主様の要望通りに、パズルの様に「部屋」というハコを並べて重ねただけのプランニングをしてしまうと、壁の「塗り分け」とか「貼り分け」というような、「色ぬり」的な要素でしかファサードを考えられなくなります。

皆様の考えているいわゆる外観のデザインは、長持ちしそうでしょうか?
中が暑そうだったり、寒そうだったり、部屋の奥まで光が届かなかったりしそうではないでしょうか?
何より、暮らしやすさが見えますでしょうか?

そんな住宅のデザインについてご興味がある方、ぜひ一度、弊社でのプランニングをご検討下さい。

営業マンH





posted by Soko Soyo at 23:18| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

夕景

C49AE5C8-52BE-4AE2-9434-BF2F842ABC7C.jpg


長男が夕食前に「写真を撮って」と騒ぎ出しました。

一体何のことやら、と指し示す先を見やると、どうも雲が赤く光っているようです。

言われてみると、随分久しぶりに夕焼けを見た気がします。
先日の記事でも、朝の日差しが強くなってきたと書きましたが、どうやら夕方の日差しも夕焼けができるくらい強くなってきたようです。

さて、それではデジカメを引っ張り出して2階のバルコニーから撮ってやろうか・・・。と思った矢先に、長男が手にしたのは私のiPhone。
最早、彼に取っての「カメラ」はスマートフォンになってしまってます。

この価値観、いずれ正してやらねば、と思いつつ、差し出されるまま写真を撮ってみると、思ったよりも夕焼けも手前の顔も写りました。
惜しむらくは、息子のバックに樹木が無ければもう少し表情も起こせたかな、と。

写真のクオリティについては自分の腕の問題もあるので改善の余地有りですが、こうした季節・自然の変化に息子が気付けること、またその変化を楽しめる住環境に暮らせていることは、建築屋として嬉しい限りです。
やっぱり、木々が見える、空が見える家って、良いと思います。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:05| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする