2016年04月07日

タテモノタンポウ

RIMG0002.JPG

本日は、川崎市のM様の家にお伺いして、取材をさせて頂きました。

写真の撮影と並行して、色々と家造りについての感想など伺ったのですが、印象的だったのは、まず一言目に出てきた言葉が「面白かった」というコメントだったことです。

弊社の家は、これまで、どちらかというと性能面とか素材面に注目されることが多かったのですが、こちらのお施主様は「自然素材」というテーマは持っていながら、専らその意識は意匠面に向いていたようです。

私が力を入れてお伝えしたはずのクアトロ断熱についても、実はさほど期待をしていなかったらしく、この冬、今まで住んでいた鉄筋コンクリートのマンションよりも暖かいことを実感して初めて、「そう言えば断熱も良いらしい」と思い出したのだとか。

家造りの間は、そんなことよりも雑貨好きの設計担当I先生(とお施主様が親しみを込めて呼んでました)や、辛口コーディネーターのKとの打合せが楽しみで仕方なかったようです。
全部決まってしまうのが、ちょっと残念だった、と。

そう言わずに、これからはご自身が選んだモノ達の経年変化を、冬は暖かく夏は涼しい、お気に入りのリビングでじっくりと堪能して頂きたいと思います。

M様、本日は誠にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:56| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。