2016年02月04日

俯瞰

1AB4FC3C-3865-4A3C-9095-3987C964E30B.jpg


本日は、相模原市内のとある密集地に、現地調査に行きました。

土地の形状も複雑で、なかなか地面からは全体像が把握しにくかったのですが、たまたま敷地を俯瞰できるポイントを発見。
ようやくその全容を掴めた次第です。

建築では、実はなかなか建物を俯瞰できるケースは稀です。
最近ではgoogleや何かで衛星写真を簡単に見られますが、これは俯瞰というより、鳥瞰に近いと思います。
建物全体を、身体スケールからそう遠くないレベルで見下ろす「俯瞰」という視点は、建物をデザインする上で、設計者には必要なスキルの一つと言えるでしょう。

それこそドローンなど飛ばせば、このヒューマンスケールを失わずに俯瞰した画も見られる訳ですが、「まだ無いもの」「実際に見ることのできないもの」をデザインするためには、やはり創造力・想像力を鍛え、空間イメージを擬似的に体験できるスキルが重要と思います。

最近あまりできてませんが、この訓練は優れた建物・空間を体験することでしか、なされない気がします。
そろそろ、たまには建物探訪でもしてみようかと思います。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:28| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする