2016年01月17日

飾り天井

RIMG0058.JPG

商談中のお客様の、今の暮らしを拝見すべく、厚かましくもお宅にお邪魔してきました。

もちろん、個人情報につき全容は差し控えますが、大変凝った造りになっており、同じ注文住宅を建築する業者として、勉強させて頂く部分も多分にございました。
住宅において「凝る」ことは、無駄と言えば無駄と考える方もいるのでしょうが、住空間における「無駄」は「あそび」とも表現でき、豊かさの指標となるケースが多いと感じます。

ただし、ただだだっ広いのは、本当の無駄。
この辺のさじ加減は、すべての空間に機能とか意味とかをちゃんと与えることができるか、という、非常に高度な設計の技に委ねられる部分だと思います。

で、本日の写真は、そのお宅の和室の天井部分。
お客様も、他では見られないこの造りが、非常にお気に召しているとのこと。
こう伺っては、新しい家にも、何らかの形で取り入れないわけには行きません。

私が建築を学んだ先生は、「クライアントの意識が届きにくい天井こそ、設計士に残されたアソビが許される部分で、ここは力の入れどころだよ」と冗談半分に言ってましたが、確かに天井の仕上げまで意識が行き届いた建物は、総じてクオリティが高い気がします。

私にとって、この「凝った天井」の原体験は、富士屋ホテルのメインダイニングの天井です。
ご興味のある方は、調べてみて下さい。
そして、家づくりの際にも、ちょっとだけ天井の意匠に気を配って頂くと、面白いかも知れません。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 22:56| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする