2016年01月16日

urethane

D7E4089E-E2A4-48FD-ACB6-E01E9D8DA525.jpg


懺悔しますが私、親の家のリフォームの際に、ちょっと材料の選択を誤りました。

私の趣味で、無垢材のフローリング、しかもカリンという木を選びまして、これ自体は間違ってないのですが、仕上げの選択をミスした次第です。

写真がそのフローリングでして、一見すると良い感じなのですが、この時期、とにかく冷たいのです。
せっかく無垢のフローリングを選ぶところまで行っておきながら、仕上げにウレタン塗装されたものを採用してしまうとは・・・。
ここ数年の私なら間違いなく、無塗装のカリン材にオイルステイン仕上げを選択します。

無垢の床に拘る方は、予算が合わなければセルフビルドででも、自然のオイルステインを用いるべし。
この場を借りて、親に陳謝します。

蛇足ながら、弊社の床仕様は当然、無垢材+自然のオイル。
展示場を裸足で歩いてみて頂ければ、きっと私のこの懺悔を、ご理解頂けます。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:23| Comment(0) | 突っ走り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする