2015年10月20日

さよならは別れの言葉じゃなくて

RIMG0047.JPG

同僚が一人、去って行きました。
置き土産に、大変美味なお菓子を置いて。

一緒に机を並べて仕事をしたのは、わずかに半年ほどでしたが、ニッチな部分をかなり埋めてもらえた事は、非常に助かりました。
恐らくは、仕事上でいろいろと悩むこともあったと思いますが、そこから自分の業務テリトリーを確立しつつあったことは、評価できることだったのではないかと考えます。

若いだけにイロイロと野望を持って会社を離れるようですが、見聞を広げまくって、そのうちまた、何かしらの形で一緒に仕事できたら、面白いんじゃないかと。
そんな風にも思える、ライトなさよならだった気がします。

こちらも見聞や仕事の幅をどんどん広げて、負けずに成長したいと思います。

次回どこかで会うときも、写真のマカロン持参してくれることを切に願います。
Iさん、お疲れ様でした。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:15| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

吹抜・・・

RIMG0037.JPG

本日は、お引渡し関連のお打合せで、相模原市内のI様邸に行ってきました。

こちらのお宅は、1階に半屋内ガレージを設けたことから、リビングは2階にあります。
写真は、そのリビングの様子ですが、かなり明るいお部屋になっております。

さて、この「明るさ問題」ですが、一般的に思われている(?)ほど「2階だから有利」という訳ではありません。
都心の、本当の住宅密集地であれば別ですが、相模原近辺で言えば、1階に設置しても2階に設置しても、明るさは大して変わりません。
採光性を大きく左右するのは、実は「窓の配置の高さ」によるところが大きく、平らな天井の2階のリビングに比べたら、吹抜を設けた1階のリビングの方が、はるかに明るくなります。

そんな訳でこちらの家では、2階に上げたリビングには勾配天井とハイサイドライトを設置し、吹抜並みの採光を確保しています。
これが無いと、ここまで隅々まで明るいLDKにはならなかったのではないかと。

以上、なんとなく2階リビングに憧れている皆様のご参考になれば幸いです。
ついでに、この造り方の場合、屋根面の断熱にも要注意です。
自由なプランと性能は、実は切っても切り離せませんので、その辺ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さいませ。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:25| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

小屋裏

RIMG0038.JPG

昨日は川崎で上棟式でしたが、実はその前に、多摩市で社内検査などやっておりました。

少し前から、工事課長の発案の下でやり方を見直しておりまして、結構細かいところまで、組織的にチェックを行うようになっております。
たとえば、建具担当、設備機器担当、造作担当、仕上げ担当・・・という具合でスタッフを分割し、ぞろぞろとまとまって、一箇所ずつ、丁寧にチェックを入れていきます。

なので、今回の家のように小屋裏収納などございますと、狭いスペースに大人たちがひしめき合う状況になりまして、まあ息苦しいです。
写真のとおりの状況です。

この一つ前には役所(または民間審査機関)の、建築基準法に基づくチェックが入っており、この次にはお施主様の検査が控えています。
つまり、3重のチェックが行われることになるのですが、営業担当としては、本日の社内検査を他の2つより数段シビアに行うよう、位置付けたいと考えております。

ここが、「ホスピタリティ日本一の建設屋」の真骨頂だと思いますので。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:20| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。