2015年08月21日

天然石

E9F240DC-FFC4-4F5B-A46C-58740169A6FE.jpg

本日は、着工前の解体状況確認に行って参りました。
永らく住んだ家であればあるほど、昔の工法を勉強できますが、本日は、家というより、塀のお話。

写真は、ちょっと分かりにくいですが、大谷石という材料です。
現場で拾ってきたのですが、大変穏やかな、優しい緑色をしています。

この材料、加工性に優れているせいか、モダニズム建築の時代には、結構使われていたようです。
私の好きな、鎌倉の近代美術館とかもそうです。

但し現代においては、この石で作られた塀や擁壁は、残念ながら問題視されがちです。
というのも、経年劣化が激しく、ご覧のようにポロポロと風化してしまう傾向にあるので。

直接家の建築には関係が薄い場合でも、やはりその土地に、この先長いこと暮らす家を建てるとなると、この石については注意喚起を促さねばなりません。

永く住まえる良い家の造り手として、お客様の立場を真摯に考えた計画を提案すべきだと考えますし、またこうした知識を新人に教えることも必要だと、自分の仕事に対する認識を深める機会でした。

営業マンH





posted by Soko Soyo at 23:12| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

ラストピース

24B5CAC3-9DFF-4AB6-9385-E49E1D4A0868.jpg

話は少々前にさかのぼりますが、春先に注文していた椅子が、ようやく届きました。
覚えている方も皆無とは思いますが、今年2/25(水)の記事に書いた、アレです。

と、自分でも記事を見返して見ると、納期4ヶ月、と書いています。
実際には納品されたのが7/20過ぎですから、結局5ヶ月待ちでしたね。

それでまあ、納期が遅れたからどうとか、待った甲斐があったとか無かったとか、そんな話ではないのです。
ちゃんと吟味して本当に気に入って、永く使うことを決めていると、待つ時間もまた楽しみ、という境地に達してしまうのではないかと思います。

実際椅子に座った妻も、静かにその座り心地を堪能しており、特に新しいモノを手に入れた、というような興奮も無いみたいです。
それだけ馴染んでいて、待たされた、というよりはどこかに預けていたのが戻ってきた、位の気分と申しましょうか。

私はと言えば、妻同様「フムフム」とか言いながら時々座ってますが、やっぱり自分の椅子の方がしっくり来るな、と思ってます。

不思議に思われる方もいるかも知れませんが、我が家では皆、思い思いの椅子をそれぞれ選んで、食卓に着いているのです。
で、皆が皆、自分の椅子が一番良いと思ってるようです。

ともあれ、これでようやく我が家のダイニングも完成しました。
後は、末永くこの使い心地を味わうのみです。
「私の椅子」については、いずれまた近いうちにご紹介できれば、と思います。

営業マンH




posted by Soko Soyo at 23:07| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

リピーター

71071538-2B8D-48FD-B258-1A7B24663005.jpg

昨日に続き、麺のお話。
今夏2箱目の素麺が、本日届きました。

毎年夏にはつゆを自作し、これにありものの麺を合わせるのですが、今年は母親につゆ作りを任せてしまっている手前もあり、麺については身銭を切っている次第です。

で、一年に一度のことだから、と前回Amazonでちょっと奮発して購入したのが、写真の素麺。
これが1ヶ月前のお話。
そして、40把、計2kgを消費し、本日再び同じ箱が届きました。

良いモノは良い、美味しいモノは美味しいと、身をもって体験してしまうと、人間なかなかそれを離れられないものだと感じます。

素麺と家、扱うモノには大きな違いがありますが、造り手として、その営業マンとして、目指したいのはやはり、こちら側のスタンスです。
お客様に幸せになって頂けるだけの、ちゃんとしたものを提供できる、その意義と喜びを噛み締める、夏の一夜であります。

営業マンH




posted by Soko Soyo at 23:31| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。