2015年07月12日

羅盤

D5273A02-17AA-427B-A6D5-6B2C1EAC3376.jpg

少し前、「統計学は最強の学問だ」というトレンドがあったと思います。

世界は「そういうふうにできている」という現象を、気の遠くなるような量を集めて傾向を分析すると、理屈抜きで「次もそうなるんじゃないかなぁ」と、予測できる、みたいな話です。

弊社で家造りの際実施している風水鑑定も、この統計学に近いと言われています。
中国伝統風水と言いまして、数千年のデータの蓄積がバックグラウンドになっています。

で、写真は、その計測器具である、ローパンという道具です。
全棟、お客様が欲すると欲しないとに関わらず、こうしてチェックを行います。

私自身は完全に唯物論者で、演繹法的思考に偏ってますが、「とにかくコレコレはダメ!」と根拠のないルールを強要されることに比べれば、風水のような統計学は、はるかに家造りの安心材料として、相応しいと思います。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:45| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。