2015年07月17日

ピクニック

75988E4C-3204-4FF0-AA71-B483A8E413C5.jpg

午後一番で、着工前の現場で打ち合わせ。

樹木、草花の生い茂った元「庭」のスペースを、新築のために整地予定の現場です。
既に大きな樹はあらかた、お施主様手配の植木屋さんによって撤去されています。

この後、塀や土留めのブロックなどを解体して、建築工事に入る訳ですが、この段階での打ち合わせをある程度入念にしておきませんと、後々思わぬコストが発生したりすることもあり、注意が必要です。

ちょっと残念なのは、写真の左隅に写っているピクニックテーブルの風情が、新しい家では再現しにくいことでしょうか。
草木を伐採した今では、良く映画で見るようなヨーロッパのはらっぱみたいな風景ですが、新しく家を建てると、ここまでの解放感は得られないと思われ。

但し、代わりに家のLDは、今までよりもはるかに開放的になる予定。
今後は、家の中に居ながら、これに近い気持ち良さを味わって頂きたいと思います。

乞うご期待、です。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:56| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

上棟のご挨拶

ブログ.jpg
本日は、朝から上棟直後の現場に行って参りました。

ご主人は出張中でスケジュールの都合が付かず、残念ながら一緒にお祝いさせて頂くことはできませんでしたが、奥様だけでも、棟梁にはきちんと挨拶をされたいとのことで、紹介役を務めさせて頂きました。

昨日は猛暑の中、何とか無事に上棟したものの、昨夜からは打って変わっての豪雨。
現場の状況もちょっと心配だったのですが、その辺は杞憂に終わりました。

現場では、写真のようにすでに屋根が架かり、壁もブルーシートで全面養生。
恐らく天気を見越して、昨日の作業時間内に施したのだろうと思います。

ベニヤを多用するパネル工法などでは、躯体を施工する数日間は、決して現場を濡らせませんが、在来工法なら1日の晴れ間を狙って、ご覧のようにちゃんと品質を保って工事ができます。

気象庁のデータでは、東京や神奈川では1年の1/3、110日近くは雨が降りますから、在来工法はまさに「日本の気候、風土に適している」訳です。

そんな長所をちゃんと活かし、かつ施工品質も保てるようになっている現場監督のA君、そして綺麗な現場造りで全国的に評価を頂いたI棟梁、今後ともよろしくお願いします。

最後にK様、上棟おめでとうございます。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:47| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

エアコン。

190ECF55-5CD1-4405-94D0-66B29215D95F.jpg

昨日の続き。
と、言う訳で、クアトロ断熱の我が家で、エアコン使ってみました。

【実験の状況】
町田市、内部空間の規模21坪分(その中の4.5畳が吹抜けで、その中に写真の階段、上部にファン)、屋根はガルバリウム鋼板葺きで全体勾配天井、天気は晴れ、エアコン1台を2階設置、設定温度28度(冷房)、ダイキンの08年製、4.0kw

【実験結果】
13:30 エアコン使用開始
外気温31度 室温30度(2階) 室内湿度40パーセント(2階)
15:30 計測
外気温35度 室温29度(2階、1階LDK、1階洗面所とも) 室内湿度35パーセント(2階)

【感想】
14:00に外から帰宅した妻は、かなり涼しく感じたようです。
薄着で、体を動かす作業をしないなら、汗をかく感じはないです。

サラリとしていて、調湿効果のお陰で、体感温度がかなり下がっている印象です。
(隣棟のロックウール内断熱、自然換気の部屋は、室温32度でしたが、長居できない蒸し暑さ)

本日くらいの暑さなら、我が家全体、7年落ちの木造11畳用のエアコンで十分です。

以上、ご参考まで。
ご質問ある方は、お気軽にどうぞ。

営業マンH





posted by Soko Soyo at 23:22| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする