2015年07月21日

下地材

9376DEBB-449E-4AD7-BDE2-126798396F23.jpg

昨日の打合せでお施主様から頂きました、とある素朴な疑問。

「下地材と仕上げ材って、そんなに見た目が違うモノですか?」と。
答えはイエスです。
新築のお家で、下地材を仕上げに使うことは、かなりの冒険とご認識頂きたく。

参考までに自宅のテレビ台をご覧下さい。
上の写真を見る限り、引きの画ではそんなに問題ない気もします。

ですが、下の写真を見て頂きますと…
4人並んだ内の、1番左と2番目との間にパテ補修が見えるかと。

33EC39D5-F6E5-4E1E-B206-345719FA51BF.jpg

こんな跡が、天板面にも何ヶ所か顔を出す可能性があります。
それだけ、見た目を気にせず作られた材料であるというコトなのです。

よく、若手建築家が、ローコスト化の提案として「構造用合板あらわし」という強行策に出ることがありますが、あそこまでは行かないとしても、ヤッパリ見た目の印象は若干落ちると思います。

「それもまた味」と仰って頂ける方であれば、ご相談には乗れますが…
取り敢えず、ご参考になれば幸いです。

営業マンH




posted by Soko Soyo at 23:54| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

入れ替え

F17A6E2F-F3DD-4325-84D1-78CDA6DEABBC.jpg

いつもなら会議デーの月曜日ですが、本日は祝日ということで、打合せもそこそこ。

で、最後の打合せは展示場だったのですが、その際の「調湿実験ボックス」は、写真のような状態。

左が、弊社標準仕様のスペイン漆喰と無垢の床で造ったハコ。右がビニールクロスとプリント合板の床で造ったハコです。
これに、熱湯の入ったコップを入れて、朝から放置して置きますと、ご覧のように温度は変わらなくとも、湿度に差が出ます。

ここまでは、割とありがちな話なんですが、写真の温湿度計、お客様のイタズラ心により、撮影の2時間位前に、左右入れ替えられています。

曰く、「本当にそんなに湿度が違うのか、ちょっと試してみたくって」とのこと。

残念ながら、入れ替え直後の打合せ最中では、表示にここまでの差は付きませんでしたが、数値にはハッキリとした変化が見られたので、取り敢えずご納得頂いた次第です。

S様、ご帰宅後の結果はご覧の通りですので、どうかご安心を。
引き続き、質問・疑問がございましたら、どしどしお問い合わせくださいませ。

また、こちらを見て「どういうこと?」「漆喰ってそんなに良いの?」と思われた方、百聞は一見に如かずですので、是非展示場へどうぞ。

営業マンH




posted by Soko Soyo at 23:53| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

お施主様検査

ぶろぐ.jpg

本日は、平塚市にてM邸のお施主様検査でした。

ご主人が、ご同居されるご家族の皆さんのために造ったこの家は、そのキャラクターをそのままトレースしたかのように、穏やかで、落ち着きのある家になっていると思います。

写真は、そんなM様のお施主様検査の最中に撮影した、ダイニングのペンダント照明です。

単独で見るとかなりフェミニンな雰囲気のある商品ですが、こうしてきっちりと整列させると、むしろ端整な、きりりと引き締まったシンプルな印象を、部屋にもたらしてくれます。

また、火気使用室の下り壁と隣の部屋へ続くアーチ開口の組み合わせは、ヨーロッパの、中世から残る城下町のバールみたいな内観で、こちらも非常に落ち着いた佇まいです。

お引渡しの来週末には、外構も出来上がって、いよいよ完成像をご覧頂けることと思います。
お仕事お忙しいとは伺ってますが、どうかお楽しみにして頂ければ幸いです。

営業マンH




posted by Soko Soyo at 20:49| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。