2015年07月27日

覚悟

8784B716-EE41-42B0-AAC5-54F264E1545A.jpg

本日は、日の出町にて上棟式でした。
暑いところ、遠い仮住まいからわざわざご足労頂きました、Y様に感謝です。

さて写真は、木造住宅の上棟ではお馴染みの幣束。
弊社の上棟式では、大体こんな感じで、お施主様に記念の一言を書いてもらっています。

今回上棟となりましたY様の言葉は、写真のように、とても深いお言葉でした。

意味や意図は詳しくはお聞きしませんでしたが、私なりに解釈する限り、単にハコを作ることを超えた家造りへの想いとか、一緒に家を建て、育んでいくことへの一体感とか、そう言ったお気持ちを強く感じました。

とかく情報過多になりがちな現代において、本質を見失った産業としての「住宅」に疲弊を感じていらしたY様が、ようやく辿り着いた弊社の家造り。
このことの重さをしっかりと感じながら、奥様に書いて頂いた、「100才まで頑張る」そのパートナーとして、建築と家守りに尽力して参ります。


Y様、上棟おめでとうございます。
また、上棟に力を貸して頂いた現場監督並びに職人の皆さん、ご協力ありがとうございました。

営業マンH





posted by Soko Soyo at 22:47| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

ご家族そろって

ぶろぐ.jpg

本日は、朝から平塚市でお引渡しでした。

朝から気温がグングン上がる中、10時に現場に到着したときには、もう汗タラタラの状況です。
先に外構工事の完成確認を行なったのですが、日傘ご持参でなかったら、倒れていたかも知れません。

そんな外回りのチェックを行なって頂く間、室内はと言えば、敢えて締め切っておりました。
普通の家なら、これだけカンカンに日が照っていると、朝から室内の気温も高温になっていくのですが、弊社の遮熱塗り壁では、室内の気温がなかなか上がりません。何とかひんやり感を維持できます。

但し、写真のように大の大人がひしめき合えば、一気に温度も湿度も上がる訳でして、こうなってくると、吹抜けの上からファンで風が降りてくる部分のみが、安全地帯ということになります。
で、最終的には締め切っていたシャッターと窓を開け放つことになる訳ですが、結局はこれが正解でした。

窓にはサンサンと日射が及びますが、それでも非常に風が抜ける造りになっているためか、お日様を避けた部分では爽やかな空気を満喫できます。
恐らくは、外気温が最も高くなる3〜4時間程度を冷房機器で乗り切れば、夕方から夜はまた自然換気で過ごせるんじゃないかと。

熱中症対策で、クーラーを積極的に使うよう、メディアなどでも促されておりますが、無理せずに電気を使わない暮らしができるなら、それが一番。
弊社のクアトロ断熱は、こんな風に考えて、本当にパッシブな家造りを目指しています。

M様もどうか、熱中症にはお気をつけ下さいませ。
弊社の家なら、必要最低限のエアコン稼動で、省電力型の暮らしを目指せると思います。

本日お引渡しとなりましたが、今後とも末永く、よろしくお願い申し上げます。

営業マンH


posted by Soko Soyo at 23:15| Comment(0) | 育ち盛り営業マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

D40D3797-7584-49F7-8063-A00CBBAAB91E.jpg

家庭の事情で、本日は外食でした。
そして、これまた家庭の事情で、ノンアルコールな焼肉。

ここ数年来、ちゃんと焼肉を食べようとするときは、写真のお店に来ています。
と思ってましたが、冷静に考えて見ると、こちらのお店に来始めてから、実際はまだ2年位しか経っておりませんでした。

店を教えてもらったのは、何を隠そう、昨年の新卒採用で入社してきた新人H君。

残念ながらこのH君は既に退職してしまっておりますが、別の会社でもまあ、うまくやっているらしく、それを聞くと何となくほっとします。

一方、会社に残った同期たちは、何や彼やと少しずつ成長しておりまして、こちらもほっとしつつあるところです。

このお店に来ては、彼はどうしているかしら?と思い出しつつ、家族共々、美味しい肉を食べられることに感謝しております。

いずれまた、残った同期でも連れて、楽しい晩餐でもできれば、と思います。

営業マンH



posted by Soko Soyo at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。